「木心地(ここち)のよい いえ」完成見学会を行いました

平成29年12月21日(木)、「木心地(ここち)のよい いえ」の完成見学会を行いました。
午前、午後の部あわせて約130名の見学者が訪れました。

木のよい香りがひろがる1Fフロア

2Fフロア 屋根上の高窓から光が差し込みます

建築概要

建築物用途 一般住宅
建築地 福島県東白川郡棚倉町大字棚倉字城跡44-6の一部
構造・規模 木造2階
1階床面積:  64.32㎡(19.45坪)
2階床面積:  69.05㎡(20.88坪)
延床面積  :133.67㎡(40.33坪)
設計管理 ナスカ一級建築士事務所 八木佐千子
木材使用量 厚板集成材:25.23㎥
構造材  :  8.27㎥

建築に至ったプロセス・コンセプト

人は成長とともに生活環境が変化していきます。「木心地(ここち)のよい いえ」は、住む人の成長に合わせて部屋の構成を変化させ、常に最適な生活環境が提供できる”自由度”の高いスケルトンハウスとし、その特徴が活きるよう「つくりすぎない いえ」をコンセプトに新しい住まいの概念として開発しました。
構造躯体には地元の木材を加工した厚板集成材を使用して、木のぬくもりと優しさを醸し出し、かつ、お求めやすい価格・短工期でできる画期的な住宅です。
当社は、住む人に快適で心地のよい環境を提供するとともに、地球環境にも配慮し木材の有効活用で森林資源の循環を高め、次世代に美しい未来を残したいと考えています。