「こづちのいえ Part-Ⅱ(内木あらわし)」完成見学会を行いました

平成30年5月25日(金)、「こづちのいえ Part-Ⅱ」の完成見学会を行いました。

外観(壁柱 内あらわし)

1Fフロアの様子

2Fフロアの様子

建築概要

建築物用途 一般住宅
建築地 福島県白河市みさか二丁目6番14
構造・規模 木造2階(壁柱 内あらわし)
1階床面積:  52.99㎡
2階床面積:  52.99㎡
延床面積  :105.98㎡(32.00坪)
木材使用量 厚板集成材:   7.65㎥
構造材  : 19.51㎥

設計コンセプト

ひと月前、厚板集成材を用いた新工法による住宅の構造をご覧頂きました。多くの皆様に建物の特徴である、外周に配置した厚板集成材による12本の壁柱と建物中央の通し柱に耐力を持たせた構造や接合金物・断熱材などに興味を持って頂き、大変ありがたく存じます。
Part-Ⅱは「つくり過ぎないシンプルさ」を追求したスケルトン住宅です。建物内部に耐力壁を持たない構造により、将来の容易なリフォーム・リノベーションが可能となり、住む人の生活スタイルに合わせて内部の空間を変化させることができます。室内は開放的な空間を生かして、各居室とも広々と使えるような間取りとしました。
また、今回は厚板集成材を室内側にあらわしており、木肌の温もりをより感じられるスペースになっています。内外装は前回の北側に建築した住宅とカラーリング等を変え、明るさはもちろん優しく愛らしい雰囲気となるようデザインし、どこにいても家族のつながりを感じられるような住宅となりました。
各棟それぞれが持つ違った雰囲気や、木が持つ温かみを感じられる空間をぜひご体感ください。

 

 

左側が壁柱を内側にあらわした建物             右側が壁柱を外側にあわらした建物