第35回福島県建築文化賞 準賞 受賞 矢祭小学校(矢祭町)

福島県建築文化賞は、本県の地域の周辺環境に調和し、かつ景観上優れている建築物や、東日本大震災により地域を支える建築文化を継承するために再生・活用した建築物や被災者に方々の生活にうるおいを与える建築物を表彰するもので、本年度で35回目となります。

本年度の福島県建築文化賞において、当社が施工した「矢祭小学校」が、『準賞』を受賞いたしました。

平成31年1月23日、福島市の杉妻会館において表彰式が行われ、内藤社長が内堀知事より表彰状をいただきました。

内堀知事から表彰を受ける矢祭町の古張町長、三上建築事務所の益子所長、藤田建設工業の内藤社長

 

 

講評

敷地内一階部分の高低差を活用し、県道沿いの低い敷地に体育館や児童館、バスロータリーを配置した。公園のようなアプローチや広場とともに、地域に開かれた学校であることを表している。

 

福島県建築文化賞『準賞』を受賞した「矢祭町立矢祭小学校」