ふるさと林道緊急整備第1801号工事(鮫川村富田)

当社では多くの方々にお世話になりながら、おかげ様で昭和47年の第一回以来通算21回目の受賞をいただくことができました。

190720-1 190720-2

受賞者の声

<工事部 割栢守>

<工事部 割栢守>

本工事は、山間地の林道開設工事で、けわしい地形のうえ土質はもろく、悪条件重なる中での施工でした。
出来形、品質はもとより土工事での重機災害、丸太法面工、丸太柵工での転落事故が無い様、安全には細心の注意を払いました。努力の甲斐あり、無事故でまた満足いく品質で完成する事が出来ました。
監督員、又発注者のご指導と地域住民皆様のご協力に深く感謝申しあげます。
当社では「仕事は仕事でとれ」という創業以来の社訓がありますが、今後とも次につながる良い仕事を心がけ、努力してまいります。

 

工事概要

工事名 ふるさと林道緊急整備代801号工事 鍬木田一本木線
場所 東白川郡鮫川村大字冨田字鍬木田地内
工期 平成18年6月12日~平成19年2月28日
施工延長 600m
切土 8,978m3
盛土 3,065m3
下層路盤工 1,800m2
排水路工 610m
擁壁工 2基
暗渠工 17.3m

190720-4

社長コメント

7月6日福島市エルティーにて、佐藤雄平知事より平成18年度優良工事の表彰を頂きました。
当社は今回で21回目、林道部門では4回目の受賞で県内トップの受賞回数です。
工事を担当した割栢君の努力が実り、工事評価で92点と当社では過去最高点を得たことが表彰の決め手になりました。改めて、感謝!です。

上司コメント

割柏君の努力に感激!92点の点数を頂くのは技術者として、当該工事に全ての努力を惜しまなかった証です。
また、人柄も同時に評価されたのです。
この賞は割柏君の自信を確たるものとしたことと思います。今後一層の活躍を期待します。