福島県買取復興公営住宅整備事業(常磐関船町地区)

福島県買取復興公営住宅整備事業(常磐関船町地区)が、建設事業無災害表彰を受けました。
延べ労働時間数30,471時間にわたり無災害を達成したことによるものです。

Shoujou Koufu
いわき労働基準監督署にて

受賞者の声

<建築部 芝田由之>

<建築部 芝田由之>

本工事は、工期短縮のため外部足場を架設せずに、無足場工法を採用し、高所作業車にて外壁・屋根・塗装工事等を行ないました。そのため、作業所の安全目標を高所からの墜落・飛来落下防止と定め、安全帯使用の徹底、資材の整理整頓、安全通路の明確化等の具体的実施事項を遵守させるとともに、リスクアセスメントの活用により、日々危険性、有害性の排除に努めました。
加えて、いわき労働基準監督署のご指導もあり、無事故で竣工を迎えることができました。
この無事故無災害表彰を受賞することができましたのも、この様な活動の積み重ねと工事関係者各位の協力によるものと考えております。
今後も作業所の安全管理に努め、無事故無災害を継続できるよう、努力してまいります。
本日は、誠にありがとうございました。

工事概要

工事名 福島県買取型復興公営住宅整備事業(常磐関船町地区)
場所 いわき市常磐関船町地区
工事概要 共同住宅:1号棟S造 地上3階 15戸 建築面積 585.36㎡
      :2号棟S造 地上3階 12戸 建築面積 530.82㎡
集会所  :木造 地下1階 建築面積 97.02㎡

完成写真

kansei01

kansei02

kansei03