「液体ガラス」処理技術

「液体ガラス」とは

「液体ガラス」という言葉は、TBSテレビ系のドキュメンタリー番組「夢の扉~NEXT DOOR~」の「ガラス塗料で建築物の長寿命化・無害化を成し遂げたい」に、開発者である株式会社ニッコーの塩田政利代表が出演し、その番組内で「液体ガラス」として紹介されたのが始まりです。
微粒子化(コロイド化)されたシリケート組成液に改良を重ねることで有機物との密着性を向上。着色性、伸縮性、屈曲性に優れ、環境負荷の少ない全く新しい素材です。
「液体ガラス」は、景観、インフラ、建築をはじめ、これまでにない新たな領域における木材利用の可能性を秘めた技術なのです。

cat-02-01-640x480

 

ガラスを木材に注入する驚きの技術「木ごころ」

コロイドガラスによって複合化された木材は、木本来の機能を維持しながら無機質の特性を身に付け、強さを発揮します。 人体や環境へ悪影響を与えず、長期にわたって性能が持続します。

 

あらゆる場所で安定した性能を発揮する「液体ガラス」の商品群

cat-04-01-640x480

cat-04-02-640x480

 

各商品の説明動画はこちら

 

特約代理店:藤田建設工業株式会社